体験セッションに申込む

TOEICや英検のリスニングが聞こえない
外国人の会話が聞き取れない

英語学習者の永遠の悩みです。しかし、この聞き取れないを短期間で解決する方法があります。

それは、自分でその聞き取れない音を出せるようにすることです。聞けない音は発音できない。

発音できない音は聞き取れない!

これは英語を学ぶ上でとても大事な法則です。ぜひ覚えておいてください

なぜ、聞き取れないのか?

それは自分の覚えて来た英語の発音が実際の音とは違っているからです。

テキストから英語を覚えて来た人は、本来の音ではなく、先生の発音や自分の発音で英語の音を覚えているはずです。

その間違った音を修正しない限り、ネイティブの発音を聞き取れるようにはならないのです。

そこで、正しい音を習得するために、自分がまずその音を発音できるようにするのです。

間違って覚えた音を、正しい音に修正するのです。

どうやって聞き取れない音を発音できるようにするのか?

シャドウイングをするのです。

シャドウイングをすることで、自分の脳内にあるカタカナ英語の音を正しい英語の音に修正する事ができるのです。

シャドーイングとは、英語を聞きながらそれと全く同じ音を発音する通訳の訓練法のことです。

聞こえてくる英文のすぐ後ろを影(shadow)のように追いかけるのでシャドーイングを言います

英文を聞き終えてから繰り返すリピートとは違います。

「聞く」ことと「発音する」ことを同時に行う難易度の高いトレーニングですので、最初は少し難しいと感じますが、慣れてしまうとスイスイできるようになります。

シャドーイングの大切なポイントは、聞こえてくる英語と全く同じ発音、高さ、強さ、スピード、抑揚と全てを真似ることです。集中して取り組まないとできないトレーニングです。

しかし、繰り返し練習することで英語の音とスピードに慣れ、これまで聞き取れずあいまいだった英語がはっきりと聞き取れるようになります。

シャドーイングのやり方

CDやスマホから聞こえてくる英語の音声が聞こえた瞬間に聞こえた音を再生するつもりで発音します。聞こえて来た音を機械的に発音することを意識します。

ただただ、聞こえてきた音をすぐに発音するイメージです。

その時に大切なのが、英語の意味や文脈などは一切考えないということです。耳から聞こえた音を口から再生することだけに意識を集中させます。

これを繰り返すことで曖昧な音を理解できるようになり、ネイティブの速度を自然に身につきます。

シャドーイングは真似ることがポイントです。小さい声でモゴモゴやると効果がありません。

私自身もシャドーイングを繰り返し行う事で、リスニング力をあげ続けて来ました。今では、英検や TOEICのリスニングで聞来とれないということは全くなくなりました。

シャドーイングのすごいところはスピーキング力もアップできる事です。一石二鳥です。こんな便利なトレーニングをやらないてはありません。

やるのにお金もかかりません。

シャドーイングの成功例

シャドーイングで成功した例を紹介しましょう。

英検3級の勉強をしている高校生のK君は英語が大の苦手で苦労していました。大学受験前までになんとか英検2級まで取得したいという事で私が英検の指導をしています。

リスニングが特に苦手だという事がわかり、1ヶ月前からシャドーイングを毎日の課題にしたところ、みるみるリスニング力が上がり、今ではリスニングをするのが楽しくなっています。あんなに苦手だと言っていたのに、今では自信満々に見えます。

TOEICを勉強しているKさん、頭脳明晰なので単語を覚えたり長文を解くのは得意ですが、リスニング問題では聞き取れない単語が続出。半分以上勘で解いているという事でした。

そこでシャドーイングを取り入れたら、リスニング力がすぐに上がりました。その上、長文を読む速度も上がりました。嬉しい副作用です。

シャドーイングをすると、ネイティブのリズムと速度も身につくので、自然と読む速度も上がるのです。

結論

リスニング力を短期間でアップして、聞き取れない英語を聞き取れるようにするには、シャドーイングが一番効果があります。

いますぐ始めましょう。細かい音まで聞こえるようになり、すっきりしますよ〜

体験セッションに申込む