茅ヶ崎駅前のTOEIC、英検、英会話専門の英語教室の英活ドットコムです。オンライン型個別コーチング&レッスンで安心受講!

言いたいことが英語で言えない!を解決する方法

  • 言いたいことが英語で言えない
  • 頭に浮かんだことを英語にできない。
  • 英語が全く出てこない。

初心者あるあるですね。

いえ、初心者ではなくても、英語がとっさに出てこなくて困ることはあると思います。

そんな時の対処法です。

そもそも、なぜ英語が出てこないのか?

こんなに長く英語を勉強しているのに、話せないのはなぜでしょう?

それは、場面をイメージできていないからです。

伝えたいことの言葉探しをするのではなく、場面の映像をイメージして、それを英語で表現しようと考えると、少し話しやすくなります。

例えば、「書類を提出する。」と言いたいけれど、「書類」も「提出する」も英語がわからない!こんな時にどうしたら良いか、一緒に考えていきましょう。

まずは映像を頭の中に思い浮かべましょう。

「書類を提出する」で検索すると、こんな画像が載っています。英語を話すときは、この映像の場面を英語で表現すると考えると、もっと楽に話せるようになります。

例えば、
「書類」の実態は紙なので「紙」を英語にして paper を使う。

「提出する」は、映像では手渡しているので、「手渡す」で give が使えます。

日本語では主語を言わないことが多いですが、英語では主語が絶対に必要です。

今回は「私」I です。

書類を受け取っている男性が、誰なのかをはっきりさせます。英語ではすべてを具体的に言うことが求められるからです。

「私」が「上司」に「書類」を「渡す」

英文の意味は単語の語順で決まる

英語を話す上で一番重要なのが、語順です。なぜなら、単語を置く順番で意味が決定するからです。日本語のように、自由に「てにをは」で操ることができません。

そして、単語がどの順番で並ぶのかを決めるのが動詞です。動詞は決まった使い方があり、そのルールを守ることで、英文の意味を表すことができるのです。

give という動詞は中学で習います。覚えていますか?give の用法を。give は目的語を2つ取る動詞です。

第4文型の動詞です

第4文型というのは「主語」「述語」「目的語(人)」「目的語(物)」の順番に単語が並びます。

SVOO と言われます。

「私」「渡す」「紙」「上司」

の順番に英語を並べると

I give my boss paper

となります。

順番が整ったので、正しい時制を用いるとこうなります。

I’ll give my boss the paper.

「私は上司に書類を提出します」という意味の英文になりました。

この作業を瞬時にやれるようになると、英語がスラスラと話せる状態になります。

本日のまとめ

今日のブログの手順のおさらいです。

  1. 場面の映像を思い浮かべる。
  2. その場面を簡単で具体的で英語を使って表現する。
  3. 動詞のルールの文型に単語を並べる。

言いたいことが英語で出てこなかったら、この手順を思い出して下さいね。