茅ヶ崎駅前のTOEIC、英検、英会話専門の英語教室の英活ドットコムです。オンライン型個別コーチング&レッスンで安心受講!

【英会話】日本語に訳すという考えはもう古い!

英活ドットコム 英文
こんにちは、茅ヶ崎の英語教室の英活ドットコムです。

あなたは、英会話のとき英語をいちいち日本語に置き換えていませんか?
 
 
もし、それやってたら、直ぐにやめて下さいね。
 
 
脳は目の前の嫌なことを避けて、楽な方を選ぶ習性があります。
 

頭の中に英語と日本語が同時に入ってきたら、日本語を積極的に使うので、英語を使えるようになりません。
 

単純な理屈です。
 

ですので、前回でもお伝えしたように脳のOSを英語にしましょう。
 
 
とはいえ、日本人が日本語を使わないようにするのは、並大抵の努力ではできません。
 

私も英語を英語で理解できるようになるまでに、かなり長い時間がかかりました。
 

これまでにやったことは
・
・
・
 
ディクテーション
センテンスリピート
シャドーイング
暗記暗唱
音読
TED Talkや映画の字幕無し
英語のペーパーバック
NHKラジオ
TOEIC
英検
英語日記
会議の発言の原稿作り
など・・・

思い出せないけどもっといろいろとあります。(笑)
  

英語を自信を持って話せるようになれたのは、ECCのホームティーチャーをやったおかげです。
  
 
オールイングリッシュのレッスンを10年やったので、英語のテンプレートが頭の中にできました(笑)
 

よく、人に教えると上手になると言いますが本当でした。
 

英語日記も役に立ちました。
 
 
私は声に出して言いながら英語を書く癖があります。
 
 
なので、英語日記を書くときも、話したことを書き取るという感じです。
 
 
今ほど英語が話せなかったころは、英語を話すときは手が動いていました(笑)。
 

その後、手は動かくなりましたが、頭の中のペンが書くようになりました。
 

知らない単語が聞こえてきたら、頭の中のペンがスペルアウトします。
 

フォニックスを6年教えたおかげで、フォニックスに助けられました。
 

音を聞くと綴りがわかり、頭の中にある昔覚えた単語にアクセスできます。
 
 
頭の中でのディクテーションはかなり良い方法だと思ってます。
 

音だと流れてしまいますが、頭の中で文章を書ければ、単語の語順が明らかになり、文の意味がわかります。
 

英語は語順で意味が決まりますからね。
 
 
英語のリスニングで苦労している人は、まずはシャドーイングから始めましょう。
 
 
シャドーイングができるようなったらディクテーションへ進みましょう。
 

ディクテーションを続けていると頭の中でも文章が書けるようになります。
 
 
すると、日本語を使わないで、英語がわかるようになりますよ。
 
 
試してみてください。
 

↑↑ 画像をクリックして登録してね!