正しい日本語をそのまま英語にすると伝わらない

英語と日本語は天と地ほどの差がある、コミュニケーションスタイルをもっていると言うことを知っていますか?

これを知らないと、頑張って英語を覚えても英会話を円滑に進めることが出来ません。

日本語のコミュニケーションは『ハイコン』と言って、言葉がとても少なく、言葉で語らない背景や文脈に頼って意志の疎通を図るスタイルです。

『ハイコン』を一言で言うなら抽象的です。

日本語は聞き手(読み手)に解釈が委ねられている言葉です。

一方、英語は『ローコン』と言い、言葉だけに依存した
コミュニケーションスタイルです。はっきりと言わないと伝わりません。

『ローコン』は具体的です。

『ローコン』は曖昧さを嫌うので、少しでも疑問があると、
必ず質問してきます。

『ローコン』を日本語で展開すると、自己主張が強くくどく感じます。不自然な言い方になることもあります。

しかし、伝わる英語を話せるようになるには、このくどい直接的な言葉が必要なのです。

この根本的な違いを理解することが、英会話上達の大きな鍵です。

自分の言葉はそのままでは伝わらないと自覚する!ここから始める必要があるんです。

それじゃ、どうすればいいの?ってことですが、

頭の中にある日本語を、幼稚園に通う親戚の子供に
話しかけるつもりで、簡単でわかりやすい言葉に変換するんです。

幼稚園児が理解できる日本語を英語に訳すと、

めっちゃ伝わる英語が話せるようになります。

ぜひお試しください!